様々な心の問題が要因の心因性ED

2016.4.28|ED基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

22-10

糖尿病を患っている場合、血管が硬く狭くなっているためにペニスに十分な血液が流れ込まない、神経損傷によって性的な刺激が脳に伝達されないなどが原因となってEDが発生すると考えられています。心因性EDは幅広い心の問題が要因となって引き起こされます。

コレは、加齢により、血管もしくは神経に何やかやとな障害が起こることによるものです。それらとは別に、幼少期にいずれかの性的虐待を受けてたなどといった事がトラウマとなり、EDになるという事もあります。

だれでも、年齢がある程度いくとEDの症状が出てくるものデス。それに、セックスでのトラブル、例えば、彼女から「極微」とか「へたくそ」などといわれる事でEDになる事もあるのです。

取り分け糖尿病によるものが多く、糖尿病患者の30~60%にEDの症例があるともいわれてます。逆にいえば、血管や神経を若く健康に保ってれば、歳を非常に立派に勃起できるということです。

例えば、何か大きな悩みを抱えてしまっていたり、ストレスが仕事上で溜ってしまったりするコトでEDになる事もあるのデス。加齢によるEDも器質性EDの一つといえます。

糖尿病、心不全、高血圧、動脈硬化などが原因で引き起こされるEDの事です。更に、直腸癌や前立腺癌の手術によってもEDが起こることもあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。